読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな人に対する気持ち。

あなたは、好きなアイドルがいますか。
どのグループが好きですか。

 

ライブ、当たると嬉しいですよね。
いっぱい好きな人に会いたいですよね。
いっぱいファンサもらいたいですよね。
サインボール欲しいですよね。

 

 


じゃあ、あなたは、その人のファンが増えるのは、嬉しいですか。
正直、嬉しくないですよね。
ライブ、当たる確率低くなるし、いい席も取りにくくなるし。
あんまり自担の魅力、他の人に知ってほしくない。

 

でも、好きな人たちは、もっと大きなグループになりたい、もっと多くの人に認知してもらえるようになりたい。
そう目標を掲げていたとします。
そしたらあなたは、その目標を素直に応援してあげますか?

 

正直、そういうの、やめてほしいですよね。
すごく、わかります。
周りでそのグループのファンが増えていくの、素直に喜べないときあります。
自分の方がファン歴長いのに、とか思ったりします。

 

だけど私は、大好きな人が、もっと有名になりたいって望んでるなら、その夢を精いっぱい応援します。
ファンが増えていくときの、複雑な気持ちは、心の中だけに留めておきます。
だって、大好きな人の笑顔を見れることが、何よりも幸せなことだから。
その人の魅力を、多くの人に知ってほしい、そう思います。

 

 


何が言いたいかって、簡単に言うと、「好きな人がみんなに嫌われますように」とか、好きな人の不幸を願う気持ちは、声とか文字にしないでほしいってことです。
心の中で何を思うかは自由です。
人間だから、不の感情が生まれることは誰にだってある。

 

でも、何気なく発したその言葉が、好きな人本人を傷つける可能性があるってことを、忘れないでほしいです。
自分のせいで、大好きな人が悲しんでも、いいんですか?
自分のせいで、大好きな人に迷惑がかかっても、いいんですか?

 

ネットには拡散能力があります。
どんな拍子に本人の耳に入るかわかりません。
言動に少し、気を配ってほしいです。

 

 

私も、何気なく誰かの悪口を言ってしまうことは多々あります。
だから、もっと気を付けたいと思っています。

 

言葉は魔法にもなり、凶器にもなる。

 

このことを忘れないように、私は日々生活しています。